向ケ丘遊園駅 登戸駅 眼科 レーシック手術 コンタクトレンズ処方

月・火・水・木・金曜日
午前 09:30 - 12:30
午後 15:00 - 19:00
火曜日午後は手術となります。
土曜日
午前 09:30 - 12:30
診療後にレーシック相談(無料)を開催しております。ご予約は >>こちら

休診日
日曜日・祝日




最終更新: 2017年10月19日

術前検査・手術当日・そして術後

当クリニックでの白内障手術をご紹介します。

診察日

術前の検査と執刀医による説明、手術日程の決定


医師の診察

眼底を含めた目の詳細な検査を行い、白内障以外に目に病気がないかどうかを精査します。手術の方法、伴うリスク、見込まれる術後視力等の説明を受けます。


術前検査

採血検査のほかに、眼科特有の検査として、眼軸長の測定、角膜の曲率半径の測定、内皮細胞検査等を行います。また、必要の応じて眼底の写真撮影、網膜の厚みの検査、角膜形状解析、角膜の厚みの検査、視野検査等が追加される場合があります。通常は、1時間程度で終了し、痛みを伴う検査はありませんが、目薬で瞳を開いて眼底検査を行うために、その日は半日ピントが合いづらくなります。

手術当日

手術1時間前にお越しいただき、看護師によるさまざまな確認と前処置(着替えや消毒等の準備)をして順番を待ちます。手術は10分程度で終了します。術後、リクライニングチェアのある回復室で静かな音楽を聞きながら休むこともできます。

当クリニックの手術設備は最新鋭機種ばかり

術前の検査機器はもちろん、手術顕微鏡や白内障手術装置には最新鋭のものをとりそろえました。また、それらが停電時に突然うごかなくならないように瞬停装置(UPS)も装備しています。詳細は設備の紹介をご覧ください。

ご家族の方は、手術室の様子や執刀医と同じ顕微鏡の画像をモニターでご覧になれます。

手術当日、付き添いのご家族にとっては、患者様が手術室に入ってから退出するまで、とても心配なことでしょう。手術室は清潔区域ですから、ご家族は入ることはできません。そこで、別室からモニターを使うことで、患者様が手術室に入っている様子や、顕微鏡の手術の様子を観察することができます。


術後の通院と点眼

手術翌日、3〜5日目、2週間後、1ヵ月後に診察をします。翌日より眼帯をとって、透明な保護メガネにかえます。術後の点眼は1ヶ月までは抗生物質、ステロイド剤、非ステロイド抗炎症剤を点眼し、その後はじょじょに減らしていき、2ヶ月から3ヶ月ですべての点眼を終了します。


手術費用(片眼):(2012年11月現在)
「高額療養費制度」をご利用ください。>> 詳しくはこちら

☆ 70歳以上の方へ:『限度額適用認定証』の提示は必要ありません。

【1】70歳以上で窓口負担が3割の方(現役並み所得者):
窓口負担の上限は44,400円となっています。

【2】70歳以上で窓口負担が1割の方(所得区分一般):
窓口負担の上限は12,000円となっています。

【3】70歳以上で低所得者(住民税非課税の方):
窓口負担の上限は8,000円となっています。

お持ちの保険証に1割負担か3割負担かが明記されていますのでご確認ください。