向ケ丘遊園駅北口1分、登戸駅生田緑地口7分|眼科・レーシック手術・コンタクトレンズ処方、オルソケラトロジー、フェイキックIOL

月・火・水・木・金曜日
午前 09:30 - 12:30
午後 15:00 - 19:00
火曜日午後は手術となります。
土曜日
午前 09:30 - 12:30
診療後にレーシック適応相談(無料)を開催しております。ご予約は >>こちら

※土曜日の午後は隣接するVision Channel 向ヶ丘遊園がコンタクトレンズの販売を行っています。
休診日
日曜日・祝日




最終更新 2017年10月19日

求人募集

向ヶ丘遊園駅より徒歩1分!
家事、子育ての両立を考えている方もご相談下さい!

区分1

看護師(正・准):有資格者

月〜土 9:30〜19:30(休憩2時間)
※パートは5時間程度で時間応相談

区分2
 医師(パート) 
 火曜日午前中もしくは終日の外来診療
区分3
 視能訓練士
 月曜日〜土曜日 9:30〜19:30(休憩2時間) 
 パートは5時間程度で時間相談
区分4
 ドライバー 
 勤務の曜日と時間は相談
休日

日・祝日・他1日、シフトによる交替勤務

待遇

交通費全額支給(月額2万円を上限とする)、制服貸与

応募

履歴書(写貼)をご郵送下さい。
こちらよりご連絡させて頂きます。


診療に集中できるのは
スタッフの頑張りがあるからこそ!

詳しくはこちら
医療業界で働いたことがなくても
今までの経験が存分に活かせます!

詳しくはこちら
笑顔いっぱいのサイコー!な仲間たち!
詳しくはこちら
直接、患者様と向き合えることが一番の喜び。
詳しくはこちら
上京してはじめたお仕事。この職場で良かった!
詳しくはこちら
教科書どおりにはいかない現場での学び。
詳しくはこちら
いつも笑顔でいられるのは
患者様と仲間がいるから。

詳しくはこちら
ライフスタイルが変わっても働き続けられる職場。
詳しくはこちら
家事との両立にも、ピッタリ!
詳しくはこちら
視能訓練士(ORT)という資格を活かして
詳しくはこちら
私のもうひとつの家族です
詳しくはこちら
これからもずっと続けていける仕事
詳しくはこちら
母のように見守っています
詳しくはこちら
「毎日楽しい!」その一言につきます
詳しくはこちら
常にスイッチはON!
詳しくはこちら
やっぱり人と関わる仕事がしたい
詳しくはこちら


『あんどう眼科』は、個人クリニックの中では珍しく充実した設備が整えていて、手術にも力をいれているクリニックです。地域にお住まいの患者様から遠方よりお越しになる患者様まで、たくさんの方が毎日クリニックを訪れます。
私は安藤院長と共に診療を行っていますが、ここで働くスタッフは本当に明るくて仲がいいですね。みなさん個性があって活き活きと働いています。案外ドクターとなると距離を置かれてしまいがちなんですが(笑)、ここではみなさん気さくに接してくれるので、一緒に働いていて楽しいですよ。また、人数が多いとグループができがちになると思いますが、ここはそれがなくフラットな感じが一緒にいてとても気持ちがいいです。そして何より特筆すべきなのは、みんなの技術がとにかく高い!ということ。入社したときは右も左もわからなかったスタッフが、瞬く間に何でもできるようになっていたり。これも院長をはじめスタッフ全員で新人さんをフォローしている証だと思いますし、何より本人の意識の高さだとも思います。

ドクター側が求める検査精度もしっかり高いものを出してくれますし、患者様へのケアも抜群。だからスタッフ全員に絶大なる信頼をおいています。医療業務以外の事務的要素を安心して任せられるので、私は診察や治療に集中できるんです。ついつい頼りすぎてしまう時もあるんですけどね(笑)。本当に日々感謝しています。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
慣れるまでは大変だとは思いますが、ベテランスタッフが揃った『あんどう眼科』なら大丈夫!色々と重く考えずに、まずはチャレンジしてくださいね。


以前は劇団に入っていたこともあり、そちらと両立するために比較的時間の都合がつきやすいアルバイトを色々としていました。ただ将来のことを考えた時に、腰を据えて長く働ける正社員になりたいと思い、医療事務の資格をとりました。今までずっと人と接する仕事をしてきたので、ただPCだけに向かっている仕事より少しでも人とコミュニケーションがとれる医療事務に興味をもったのがきっかけです。
現在、受付や診察補助をメインに務めていますが、接客業の経験から受付業務は特に自分に合っていると思っています。患者様は不安を抱えて来院されますので、少しでもその不安を取り除けるよう応対には特に気を遣います。通り一遍倒の応対ではダメ。患者様一人ひとりに合わせて、話すスピードやトーン、そして目線の位置など細かいところまで意識するようにしていますね。

これらは、以前の接客業で培った経験が活かせている部分だと思います。「あなたの笑顔で癒された。」「安心したよ。」など患者様からのお言葉が何よりの励みです。少しでも患者様の助けになっていると思うとやりがいも感じます。これからも患者様をお待たせしないようにスピーディーな対応を心がけながらも、お一人おひとりに誠心誠意対応していきたいと思っています。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
医療関係に携わったことのない方には、なかなか踏み込みにくい世界かと思いますが、私のようにまったくの未経験でも頑張れているので安心してください!実は医療事務の資格よりも今までの経験の方が活かせてるのではないかと思うくらいですので、あなたの人生が活かせると思ってチャレンジしてください!


普段からコンタクトレンズを使っているので、眼科は私にとって身近な存在でした。「度数ってどうやって決まるんだろう」そんな興味から、眼科はおろか医療関係の仕事はまったくの未経験でしたがチャレンジしたんです。知らない世界で新しいことをたくさん学びたい。といった好奇心旺盛な性格もあったかと思います。もちろん経験なんてなかったので、最初の頃は先輩に頼りっぱなしでした。例えば検査の名称一つとってもはじめて聞く言葉ばかり。イチから覚えなくてはいけないのでいつもパンク寸前でしたね(笑)。しかし、一つひとつのポジションを、慣れるまでやらせていただけたので、しっかり覚えられてスキルアップできました。

今は、物品の在庫管理や発注も任せてもらっていて、責任がある分やりがいも大きく感じます。先を見越しての発注など、自分がここで身につけてきたスキルを活かせる絶好の場所です。
そして何と言っても職場の雰囲気は「最高!」の一言に尽きます。本当にみんないつも笑っています。仕事中は緊張感をもってそれぞれ働いていますが、休憩時間になると一転、大盛りあがりなんです。幅広い世代の方が働いていますが、年齢関係なくみんな仲良しで、仕事で悩んだり落ち込んだりした時でも、みんなが待っているから行こう!と思えるくらいなんですよ。さばさばした性格の人ばかりで、人間関係で悩む・・・なんてことはここでは無縁ですね!

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
『あんどう眼科』はなんといっても職場環境の良さが自慢です!毎日忙しく大変な時もありますが、楽しい仲間がいるから頑張れますよ。新しい仲間が来ることを待ち望んでいます!


前職は国立病院で医療事務を行っていました。大きい病院ですので仕事は医療事務のみ。患者様と接することがまったくないお仕事でした。そこでは契約社員だったということもあって、正社員としてのワークスタイルを築きたいと思い転職を決意。そこで偶然目にした『あんどう眼科』の求人。眼科のレセプトをやっていたこともあり「ここだ!」とビビっときたのが始まりです。医療事務経験もあったので、抵抗なく『あんどう眼科』へ入社しましたが、検査の準備や診察補助など、今まで経験していないことも多く、初めはとまどいの連続でしたね。その中でも患者様と関わり方は、前職では考えられないです。「よく見えるようになったわ」などの患者様の喜びを直接聞けることは、こんなにも嬉しく自分のモチベーションにつながるんだ!とはじめてわかりました。

『あんどう眼科』ではお昼休みが2時間近くあります。みんなで院内でお弁当を食べたり、外に食べに行ったりしながら、流行の物や恋愛話など、女子トーク全開です(笑)。そして、院長先生はとても話しかけやく本当に患者様のことを第一に考えていらっしゃる方です。そんな優しい先生ですが、大事な時などは、ピリッとされるのでスタッフも気が引き締まります。これからもっと経験を積んで、私ももっともっと患者様の力になりたいですね。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
まだまだ私も覚えることが多いですが、一緒に頑張っていきたいです!優しいメンバーばかりですので、安心して飛び込んできてくださいね!


私は京都で暮らしていたのですが、東京に出て働きたい!そんな思いで上京してきました。医療事務の資格を持っていたこともありいくつかの病院の面接を受けましたが、その中でも院長先生がとても親身に話を聞いてくださったことが『あんどう眼科』に入社した決め手だったんです。結局クリニックがあるのは、神奈川ですけどね(笑)。
ここでは幅広く業務を行いますが、私は診察補助、受付をメインに行っています。患者様に検査の目的を一つひとつお伝えすることで、不安にならないよう心がけています。一通り自信を持って仕事ができるようになったのは入社して一年位経ってからでしょうか。はじめは色々なポジションを経験することになります。そうすることによって、クリニック内の全体の動きがわかるようになるので、常に状況を把握しながら仕事ができるようになります。

また『あんどう眼科』では、通院が難しい患者様の為に無料送迎サービスを行っています。私はそのスケジュール管理を担当していますが、その中に京都出身の患者様がいらっしゃってよく京都の話で盛り上がりますね(笑)。そんな患者様との距離が近いのもここのクリニックの魅力の一つだと思います。休憩時間にはみんなでスマホのゲームで対戦したりと、楽しいメンバーに囲まれて毎日が充実した上京ライフを送っています!

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
上京してきて不安がいっぱいの中ではじめたお仕事でしたが、院長先生をはじめ優しいメンバーに囲まれて楽しく働くことができています。はじめは覚えることがいっぱいだと思いますが意欲と努力さえあれば、そのうち自信を持って働けるようになると思いますので、一緒に頑張っていきましょう。


私は、視能訓練士(ORT)として勤務しています。学校の視能訓練科で学び資格を取得後、就職活動をしていました。視能訓練士として様々な経験を積みたいと思い、就職先は数多くの検査ができる大学病院なども考えました。しかし『あんどう眼科』では個人クリニックですが手術も行っていますので幅広い検査ができ、自分にとってピッタリの場所だと思ったんです。また日進月歩の医療の世界で、院長先生が常に最先端の医療技術を学び続けている姿にも感銘を受けました。豊富な検査機材、そして最先端の医療知識を得ることができるので、自分のスキルアップにつながると思ったのが大きなポイントです。
現在、白内障手術やレーシック手術などの術前検査を含め検査全般を担当しています。検査の結果に基づき手術を行いますので、この術前検査はとても重要です。

だからこそ細心の注意を払い、時には視能訓練士の先輩にサポートしてもらいながら慎重に行っています。難しいことが多いですが、日々勉強ですね。わかってはいましたが、授業で習ったことや教科書に書いてあるとおりにはまったくいかないんです。特に白内障の患者様は眼の状態がどんどん変わっていく為、常に注意する必要があります。
検査の数値が手術の結果を左右するので、プレッシャーも大きいですが、術後にしっかりと結果がでたときは大きな喜びを感じます。高齢者の患者様も多いので、なるべくお体に負担をかけないようスピーディにそして正確な検査をこれから行えるようにしていきたいと思っています。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
院長先生をはじめ意識の高いメンバーに囲まれて、様々なことが学べる職場です。幅広い検査ができる『あんどう眼科』は、自分の成長の為にもピッタリな場所だと思いますよ!


「人と話すお仕事がしたい。」と思い、このお仕事にチャレンジしました。医療関係はまったく経験がなく不安だらけでしたが、面接の際の院長先生の印象がとても良く「ここだったら頑張っていける」と思ったのを覚えています。お医者さんって固いイメージが強かったのですが、気さくに色々話してくださいますし、優しい雰囲気で的確にお話をしてくださる姿に安心しました。院長先生はいつもメンバーのことを気にかけてくれ、節目には慰労会を開いてくださったりもします。みんなで焼肉を食べに行ったり、クルージングを楽しんだり、仕事を離れても楽しい時間を過ごせる仲間達と一緒に働けていることが嬉しいです。
私は現在受付業務を主に担当しています。大学で心理学を学んでいたこともあり、患者様お一人おひとりに合わせて応対をするよう常に心がけています。実は何気ない会話の中に、患者様が抱えていらっしゃる不安なことが隠れていたりするので、それをいかに的確に汲み取るかが大切だと考えています。

ただ日々感じることは、私も患者様に元気をもらっているということ。入社したての頃は仕事を覚えるのに毎日頭がいっぱいだったんですが、ある日「もう仕事には慣れた?」なんてまるで家族のように声をかけていただいたことが今でも忘れられません。これからも常に笑顔を忘れずに、患者様がスムーズにストレスなく診療を受けられるよう他のメンバーと協力しあって頑張っていきたいと思います。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
ひとつのことだけでなく幅広い業務ができる職場です。仕事量は多いですが、やりがいにもなるし、頑張れば頑張るだけすべて自分のエネルギーに変えていける職場だと思います!


『あんどう眼科』で、以前は正社員として勤務していましたが、結婚を機にパート勤務に変更しました。お仕事と家事、しっかりと両立したかったからなんです。今は週4日勤務。退社する時間も早くしてもらっているので、家庭のこともしっかりできていて助かっています。特に女性は様々なライフステージがあり、その変化の中でも働き続けられることはとてもありがたいと思っています。
ここのクリニックでは、スタッフ全員が常に意識高く働いています。手術後など、院長先生が熱心に様々なことを教えてくださり、その後みんなで復習したりしています。向上心の強い人には最適な職場だと思いますよ。ここは医療の場ですので少しのミスも許されません。メンバー全員がその意識を持ち、緊張感を持って働いています。だからこそチームワークも抜群!常に周りに気を配り、少しでも滞っているポジションがあると阿吽の呼吸でヘルプに入るなど、一体感を感じて働くことができますよ。

今では後輩に教える立場になりましたが、いつも自分が働きはじめた時のことを思い出しながら、わかりやすく丁寧に指導するよう心がけています。これからも後輩にいつでも頼ってもらえるように、自信と余裕を持って頑張っていきたいですね。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
自分の生活環境が変わっても長く働き続けたい!そんな思いをもっている方にピッタリの職場です。未経験で働きはじめたスタッフもたくさんいます。同じ立場だったからこそ新しく入ってきた方の気持ちがわかりますので、安心して飛び込んできてくださいね。


以前はコンタクトレンズメーカーで7年程働いていました。
結婚・出産を機に家庭に入り、毎日子育てに奮闘。
子どもが小学3年生になったのをきっかけに、また働きたい!と思い、仕事を探しました。その時にちょうど知り合いの方から『あんどう眼科』が開院するとの話を聞き、入社することに。子どもも少し大きくなったとはいえ、まだまだ手のかかる時期。フルタイムで働くにはまだ時間的に厳しいので、今は週3日、午前中のみで働いています。
クリニックは駅の目の前なので通勤もとても便利。仕事に復帰して、時間を有効に使うことができるようになったと感じます。専業主婦だった頃に比べて生活にメリハリがついたかもしれません!
前職で視力検査やコンタクトレンズ処方などの経験はありましたが、10年以上のブランク。コンタクトレンズも使い捨てのものが主流になり、また検査用の機械も新しくなっています。

その分覚えることはたくさんありましたが、院長をはじめみなさん根気よく教えてくださるので本当に助かっています。今はコンタクトレンズに関しての管理を任されていますので、患者様にとってベストな提案ができるよう日々努力しています。また常に患者様の立場に立って応対するように心がけていますね。やはりみなさん不安を抱えていらっしゃるので、少しでもその不安を取りのぞけたら・・・その思いで、まずは「笑顔」を忘れないようにしています。家では怖いお母さんだと思うので、笑顔でイキイキと働いている姿を子どもが見たらびっくりするんじゃないでしょうか(笑)。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
『あんどう眼科』では一般の眼科医院では経験できないことも多く、勉強できる範囲がとても広いのが魅力です。ここではどんどん自分の経験が積めるので、もっと見聞を広めたいという方にもピッタリのクリニックだと思いますよ。


学生の頃、医療関係の仕事に就きたいと思い、視覚技能療法学科で勉強。視能訓練士の資格を取得しました。
他の眼科で勤務していたこともありましたが、家事との両立を考え自宅から近い『あんどう眼科』で、働くことに。
現在、視能訓練士として専門的に行っているのは、白内障手術やレーシック手術などの前に行う特殊な精密検査。レーシック手術などは術後どの位の度数が見えるようになるかなど、細かい検査が必要になります。また、お子様の斜視や弱視などの検査も行っています。
小さいお子様は実際に、見えているのか見えていないのか、そもそも理解しているのかどうかを見極めなくてはいけません。その時は、どうにかご機嫌をとりながら遊び感覚で慣れてもらい、しっかりとした検査結果をだすよう工夫しています。

検査といってもすべて機械任せ、というわけではありません。高度な手術になればなるほど経験が必要になり、コツを感覚的に身に付けていかなくてはいけません。やはり学校で学んだこと以外の事が多く、このクリニックに来てはじめて見る検査機械もあったので、その点は苦労しましたね。もちろん資格を取った時の知識がベースとして活かされていますが、やはり仕事をしながら新しいことを吸収していく事が多いです。ここのクリニックでは、眼科医療の進歩と共に常に新しい手術にも取り組んでいます。院長も白内障手術の精度をもっと高めていきたいと仰っているので、私もそれに応えられるような検査をやっていけるようになりたいと思っています。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
資格をお持ちの方も、そうでない方もみなさん活躍できる環境です。覚えることはいっぱいありますが、今いるスタッフもゆっくり時間をかけて覚えていますので、焦らず楽しく一緒に働いてみませんか。


私は学校卒業後、すぐにここのクリニックに入社しました。
学校では、総合的な事務や簿記などの勉強で、医療に特化した学部ではありませんでした。
しかし、ただひたすらパソコンに向かっているだけでなく、たくさんの人と接することができる仕事をしたいと思い医療事務を選びました。

実は私自身眼に関してトラブルがなかったので、眼科という場所に全く縁がなかったんですよ。視力がどういう仕組みで測られるのかはもちろん、近視・遠視の違いもわからなかったくらいなんです。
本当にゼロベースからのスタートだったので、はじめはとまどう毎日でした。開院からのメンバーではあるんですが、周りは経験がある方達ばかり。ただみなさん根気よく優しく教えてくださって、今でも本当に助けられています。
日々精一杯仕事をしている中で、印象に残ったことがあります。こちらに通っていらっしゃる患者様で、手術をするかどうか悩んでいらっしゃった方がいたんですね。やはり手術を受けることに不安だったんだと思います。その患者様が何度目かに来院された時に「あなたのその笑顔で、手術受けてみることに決めた!」と、仰ってくださって。もちろん、私が直接治療をするわけではないんですが、少しでも患者様のお役にたてた!という、その思いが忘れられません。そして患者様の心のケアも大切な仕事だとあらためて認識したきっかけとなりました。
私はここでは今最年少なんですが、みなさん家族のように暖かく接してくれます。一人暮らしなので差し入れなどをいただいたりも(笑)。あとは、スタッフの誕生日にはみんなでお祝いをします。院長が率先して「Happy Birthday」を歌うんですよ。本当に居心地のよい職場だなと思います。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
毎日忙しいですが、スタッフ同士協力し合うとてもチームワークのいい職場。わからないことがあれば何でも答えてくれる優しいスタッフが揃っています。眼科についてまったく知識のなかった私が、今までもそしてこれからも楽しく働いていけるのはこのアットホームな職場だからこそなんです!


女性が長く続けていける仕事って何だろう−。
そう考えた時にまず医療事務の資格を取得しました。
そしてその資格を活かして働きたいと思い『あんどう眼科』に入社。以前はめがね屋さんで販売の仕事をしていたので、メガネの検査の経験が活かせるのも決め手でしたね。
でも眼科はやはり医療。販売とは大きく違います。
メガネを作るという目的と、視力を回復させるという目的。根本から違います。病院はメガネなどの矯正でも視力がでない方がいらっしゃる場所なので、注意しなくてはいけないデータも違ってきます。また、めがね屋さんでは行わない検査などもありますね。
院長はもちろんのことスタッフみんな、仕事への熱い想いを持っています。その方達の中に入っていくのは最初不安でしたが、みなさんいい人ばかりで本当にビックリしました。
休診日にはみんなで遊びに行くこともありますよ。

患者様から「ここは雰囲気もよくてスタッフみんな仲がいいわね」なんてよく言われるんです。そう言っていただける場所で働けることにやりがいを感じると共に、早く一人前になる為に頑張ろうという気持ちになりますね。
患者様からの信頼が高い院長は「すごい!」の一言につきます。常に先のことを考え、ご自身の目標をはっきり持っている先生。眼科医療に関するあらゆる事に対応できるクリニックというのを目指しています。その院長の元で働くことができるので、私自身も自分の目標を常に持ちながら成長できる職場だと思っています。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
「事務」と聞くと、あまり達成感を感じることが少ない仕事のように思われるかもしれませんが、『あんどう眼科』は違います。責任が大きく大変なことが多いですが、その分やりがいもたくさん感じることができます。目標を持って長く続けていける仕事だと思いますよ。


以前は『あんどう眼科』より規模の小さい眼科医院で10年以上働いていました。1日に来院される患者様は少なく、正直なところ手持ちぶさたでやりがいが感じられなくなってしまったんですね。もう少し幅を拡げた仕事をしたいと思い転職を考えました。
その時に『あんどう眼科』の開院というところに惹かれて応募。まず院長の眼科医療への姿勢が違うことに驚きました。常に探究心を持ち、学会などにも率先して参加されています。「最先端の医療」を念頭に患者様の為に何がベストなのかを常に考えていらっしゃいますね。そんな院長と一緒に働くことができ、眼科医療の世界についてあらためて奧の深さを感じ、毎日勉強になります。勉強会などもあり院長から話を聞くこともできるので、仕事としても自分の事としても新しい知識を身に付けることができます。

白内障の手術を行っていることもあり、年配の患者様も多くいらっしゃいます。
常に患者様のお話に耳を傾け、悩んでいらっしゃることを少しでも解消してあげられれば、と日々思っています。中には眼に関係のない話などでも会話が弾むことがあります。特に年配の方はお話を聞いて欲しいという方も多いんですよね。そんな日常のお話を聞いてあげる事も大切なことではないのかなと思います。患者様と直接、接する機会が多い仕事。数ある病院の中でこのクリニックを選んでくださっているので、誠心誠意対応するよう心がけています。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
働いているスタッフはみんな素敵な方ばかり。私の娘と同じくらいの年齢の方も多いので、いつもお母さんのような気分で働いています。私は機械がちょっと苦手なのでメモを見ながら悪戦苦闘。そんな時も親を心配してくれるように助けてくれています(笑)。年齢関係なく楽しく働けるクリニック。是非一緒に働いてみませんか。


診療補助、受付、お問い合わせのメール返信などを行っています。また手術室の物品管理や手術時の器械出しなど手術に関わることも担当。レーシック手術やオルソケラトロジーなどのご案内や術前の検査の予約も行います。
前職はオルソケラトロジー専門の眼科で働いていましたが、手術を行う眼科は『あんどう眼科』がはじめて。手術に関して、ここで一から学びました。
手術は、計画的に行う白内障や緑内障の手術だけではなく、ごく稀に網膜剥離など即手術を要する患者様もいらっしゃいます。そんな時は夜遅くなってしまう場合もありますが、やはり患者様の事を考えると頑張ることができます。
術後に「良く見えるようになったわ」と手術をした患者様が見せる素敵な笑顔を見るのがいちばんのやりがいですね。

通常の仕事以外にイベントなども行います。同じフロアにある場所をかりて周辺にお住まいの方向けの講演会などをします。その時はみんなで準備をしたり、進行の打ち合わせをしたり、日常の仕事以外の事もあって飽きないクリニックですね。
院長は、「眼科医療」に対して人一倍熱い想いを持っている方。そして「教える」ということが好きなのかしら?(笑)と思うほど、何度も何度も丁寧にわかりやすく教えてくれます。私自身色々な事に興味があったり、新しいことをどんどん吸収したいと思う性格なので、毎日充実してますね。 しかも「お医者さん」ってなんとなく話しかけづらかったり、余計な話とかできないイメージだと思うんですが、ここの院長はまったく違います。普通に世間話とかしたり、テレビの話をしたり、距離がとても近い存在なんです。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
みんな仲良く楽しい職場ですが、ただ楽しいというわけではなく、覚えることも多いので苦労することもたくさんあるかもしれません。でも覚えることも「楽しい!」そう思える方にはピッタリな環境だと思いますよ!


クリニック内で看護師として働いています。主に採血、手術時の点滴や血圧管理など手術時の全身管理が私の仕事です。その他にもアレルギー検査や手術前の検査など多岐にわたります。看護学校を卒業後、大学病院の消化器科、呼吸器科などで働いていました。結婚・育児を機に一度仕事は休んでいましたが子育ても一段落したので、仕事に復帰。夜勤などは体力的に厳しいこともあり、開業医で働くことにしました。当初は、別の眼科クリニックで働いていたのですが、通勤時間を減らす為に『あんどう眼科』へ転職。以前働いていたところは手術がない病院でしたので『あんどう眼科』にきてとまどうことは沢山ありましたね。眼科に対しての知識は充分あると思っていたのですが、手術を行っているクリニックだからこそ今まで聞いたことがないような病名も多く、あらためて勉強の毎日でした。

自分が患者様の立場だったら、と常に考えながら仕事をしています。
患者様が大勢来院され忙しい毎日ですが、常に笑顔。一瞬でも疲れた顔は見せないよう気をつけています。不安を抱えた患者様に少しでも安心していただけること。その為に常にスイッチをいれています!
今まで働いていた経験上、「お医者さん」にあまりよいイメージがなかったんですが(笑)院長はそのイメージを覆す方です。常に穏やかですし、プライベートの話などスタッフとのコミュニケーションも抜群。今後も、看護師として院長の考えていることを読み取って、すぐに動けるよう常にアンテナをはって頑張りたいと思います。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
長く働く為に一番大切なことは、やはり「職場の雰囲気」ではないでしょうか。今、クリニックには私のような看護師以外に視能訓練士もいるのですが、職種の違いや資格のあるなしによる垣根は全く感じません。女性ばかりの職場って怖いイメージってやっぱりありませんか? それが本当にびっくりする位、居心地のいい環境なんです。患者様への思いと共に一緒に働く仲間への思いやりにも溢れているんだと思います。


前職はアパレル店での販売スタッフ。今とはまったく違う仕事をしていました。年齢に関係なくずっと働いていける仕事を、と思い医療事務の資格を取得。医療事務はただのデスクワークではなく患者様と関わることができる仕事、そこに大きな魅力を感じました。やはり人と接し、お話をするのが好きなんだと思います。面接に来たときには、想像以上にスタイリッシュでキレイな病院なのでビックリしました。あとは院長の背が大きいな!とか(笑)
『あんどう眼科』では、受付での医療事務としてだけでなく診察補助にも携わることができて、毎日が楽しいです。もちろんまったくの異業種からの転職でしたから、すべてイチから。一人立ちして、自信を持って検査ができるようになったのは3ヶ月位ですかね。それまでは段階を踏んで検査の方法を覚えていきます。専門の医療用語を覚えるのも大変ですが、毎日一生懸命やっていく中で身に付いていきます。

未経験で働くということで、ある程度覚悟はして入ったのですが、先輩方がわかりやすく説明してくれましたし、仕事をしていて大きな不安は感じませんでした。
ただ医療ということで、ミスは許されません。常に緊張感がある仕事です。アパレル業界で働いていた時には、数年後に自分が手術室にいるなんて想像もできなかったですね。ここで働き始めて2年になりますが、まだまだ先輩たちに頼ってしまうところもあるので早く一人前になって、今後新しく入ってきた方達に頼られる存在になりたいと思います。

【このページをご覧になっている方へメッセージ】
毎日たくさんの患者様が来院されます。その中で私の顔を覚えていただけた時に一歩成長できたな、と感じますね。常に明るく優しく接することを心がけていますが、患者様とお話をして逆に元気をもらうこともいっぱい。やっぱり人と接していける仕事ならではのやりがいです!